パートナーがいないなら結婚相談所を探そう

結婚相手を探す時の注意点

男女の後ろ姿

基本的なマナーとルール

結婚相手を探すために結婚相談所や婚活パーティーを利用する時には基本的なマナーな守りたいルールがあります。結婚相談所に登録したときは自己紹介のためのプロフィール(釣り書き)を作成して相手を探します。相手のプロフィールから得られた情報は、不特定多数が閲覧するブログやSNSに書き込まないようにします。このルールを守らない場合は結婚相談所の判断によって活動ができなくなります。相手の住所や職業を限定している結婚相談所もあります。住所や勤務先が変更になった場合は結婚相談所に報告しておきましょう。交際が決定するまで相手への連絡は相談所を通してやり取りすることになります。お見合いを申し込まれたら遅くても1週間以内には相談所に返事を出すようにして相手に失礼がないようにします。もし、予定が立たない場合は適当に返事をしないでスタッフに相談して調整して貰うようにします。お見合い場所はスタッフと相談のうえ決定します。ホテルのラウンジなどが多いのでジーパンにTシャツのラフ過ぎる服装は避けるのがマナーです。遅刻は厳禁ですがやむを得ない場合は相談所に連絡して相手に伝えて貰います。婚活パーティーは、スタッフが間に入らないので相手と直接話すことができます。しかし、いきなり相手の住所や連絡先、会社名、最寄り駅を聞くのはマナー違反です。不信感を持たれてしまいますので止めましょう。婚活パーティーで気に入った相手を見つけても独占しないのがマナーです。ほかの方とも会話してコミュニケーションを取るようにして下さい。婚活は相手へのマナーと相談所や婚活パーティー主催者のルールを守って活動をしていきたいものです。